pagetop
078-371-6121資料のご請求
FACEBOOK
資料のご請求
無料体験申込

楽々ケアクラウド介護保険業務
支援システム

楽ちゃんのお勉強部屋

トップページ > 楽ちゃんのお勉強部屋 > 訪問介護同一建物減算について

訪問介護同一建物減算とは

(令和3年4月時点)

同一建物等減算とは、事業所と同一の建物等に居住する利用者に対する効率的なサービスの提供等を勘案した減算として設けられています。


  • 訪問介護同一建物減算1 : 所定単位数×90%
  • 訪問介護同一建物減算2 : 所定単位数×85
  •    

    同一建物減算減算の対象になる要件

    以下のいずれかに該当した場合、減算を行うことになります。

    ・事業所と同一敷地内建物等※1に居住する利用者にサービスを提供した場合
    ・同一敷地内建物等以外の建物で、1月あたり20人以上※2の利用者が居住する集合住宅等に居住する利用者にサービスを提供した場合
    ※事業所と同一敷地内建物等に居住する利用者が、1月あたり50人以上※3の場合は減算率が変わります。

         

    ※1 同一敷地内建物等と

    「事業所と構造上または外形上、一体的な建築物」、及び「同一敷地内、隣接する敷地にある建築物のうち
    効率的なサービス提供が可能な建物」を指します。
    具体的には、同じ建物の別のフロアに事業所がある場合や渡り廊下などで繋がっている建物、同一敷地内の別棟の建物、幅員の狭い
    道路を挟んで隣接する場合などが該当します。

       

    ※2 同一の建物に20人以上居住する建物とは

    「同一敷地内建物等に該当しない建物」であり、「その建物に、その事業所の利用者が20人以上居住する建物」を指します。
    20人以上に該当するかどうかは、1月間の利用者数の平均を用います。

       

    ※3 同一の建物に50人以上居住する建物とは

    「同一敷地内建物等に該当しない建物」であり、「その建物に、その事業所の利用者が20人以上居住する建物」を指します。
    50人以上に該当するかどうかは、1月間の利用者数の平均を用います。